春の気配

F100号の制作が佳境を迎え、
暫く家から出ない状態が続いていたが、
今日は気分転換に公園にスケッチに行ってきました。
IMGP6581.JPG
愛用の折り畳み自転車
なんとなく樹木が描きたくなって、
以前から気になっていたサルスベリの古木をスケッチ。
IMGP6616.JPG
IMGP6613.JPG
IMGP6621.JPG
短い時間だったが楽しかった。
帰って再び大作にとりかかります。
IMGP6611.JPG
帰りに見つけた蕗の薹。
もう春の気配が。

絵の魅力

絵の魅力とは何か。
考えてみても良い絵は描けないんだけど、
でもたまに考えてしまう。
自然の造形物は疑いなく美しいのだけれど、
だからと言って色や形を見えるままになぞっても
同じように美しい絵は描けないと思う。
何かを見てそれを絵にしたいという衝動に駆られる時、
そこには必ず何かしらの感動があるわけで。
その感動が絵に表れるように構図と対象の形を
工夫し、その無限にある組み合わせの中から
ベストの色をチョイスする。
その工夫の仕方こそ、作家の個性であり、
絵の魅力なんだと思う。
見えるものばかりに囚われないために、
見たままに描ける画力は常に磨いていく必要がある。
目に見えない心の機微を、視覚化して表現できる、
そういう絵描きになりたい。
すぐに楽しようとしてしまう気持ちに負けず、
一枚一枚、丁寧に正直に制作して行きたい。
tsubaki_black2.jpg